後遺障害認定ポイント

後遺障害というのは、交通事故に遭った直後から強い症状が一定期間あり、残った神経症状や機能障害などの障害や症状のことを言います。
後遺障害と言うと、目が見えなくなったり、両手が無くなってしまったりというようなひどいものを考えてしまいますが、後遺障害としてむち打ちでも認定される場合もあります。
後遺障害は、第1級から第14級まであり、労働能力喪失率、慰謝料額が等級ごとに決められており、増額交渉などをこの後遺障害の等級による基準額に従って基本的には行うようになります。


後遺障害の等級の認定ポイントについてご紹介しましょう。
この後遺障害の等級は、原則として主に後遺障害診断書である損害保険料率算出機構に出す書類だけで審査されて認定されることになっています。
そのため、この損害保険料率算出機構に出す書類が、いかに適切な等級認定基準に従ったものであるかどうかということが非常に大切になってきます。
いかに痛みが体に残っていても、必要なことがこの書類に記載されていなければ、当然ですが後遺障害についての補償を受けることができなくなってしまいます。
そして、一般にこの認定基準は公開されているものではありません。
法律事務所では、多くの後遺障害についての情報を蓄積し、また等級認定に必要なものを意見書取り寄せや医師面談などによって集め、適正なポイントを押さえた等級認定を行っています。


本サイトでは、後遺障害の認定基準、症状固定が必要、認定される条件、についてご紹介します。

Copyright © 2014 後遺障害認定のポイント All Rights Reserved.